カレンダー制作にも最適。レンチキュラー印刷(3D印刷)の活用提案vol.5

ノベルディグッズとしても定番の卓上カレンダーや壁掛けカレンダーは画一的なイメージになりがちですが、レンチキュラー印刷によって動きのあるビジュアルとすることで、他社との差別化に大きな貢献を果たすはずです。
  • FACEBOOK シェア
  • Twitter ツイート
  • はてなブックマーク ブックマーク
  • Google+ 共有
  • あとで読む

カレンダーもレンチキュラーで付加価値アップ

壁掛けカレンダー

壁掛けカレンダーを選ぶ際に重要なビジュアル部分をレンチキュラー印刷とすることでインパクトが増大し、年末に配布される数あるカレンダーの中でもひときわ存在感を主張することができるに違いありません。

卓上カレンダー

企業が配布するノベルティの中でも最適な販促ツールとなる卓上カレンダーにもレンチキュラー印刷を施すことで、さらなる付加価値アップが実現できます。サイズや仕様、ケースなど柔軟に対応が可能です。

※制作イメージ
N.jp 編集部
販促ツールラボ編集部では、レンチキュラー印刷(3D印刷)や実写印刷、バリアブル印刷をはじめ、企業と企業、企業と消費者をつなぐ販促ツール提案やプロモーション施策、マーケティング情報などをお届けしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

レンチキュラー印刷(3D印刷)の種類 「立体の効果」「動きの効果」

対応エリアは?

最小ロットは?

見積もり・提案が欲しい

納期が知りたい

日本全国対応可能。
ダイレクトマーケティングや販促ツール、ノベルティグッズなど、豊富な実績・事例をもつN.JPにお気軽にご相談ください。

ページTOPへ戻る
電話で問い合わせる メールで問い合わせる