店頭POPや展示ツールに最適。実写印刷の活用提案vol.2

思わず目に飛び込んでくる斬新なアイデアで店頭や展示ブースを彩ることで、集客力は確実にアップします。製品やサービスの魅力を最大限に引き出すツールとして、触って確かめたくなるような素材感を表現できる実写印刷を用いることで、店頭やブースにおける注目度は大幅に向上するはずです。
  • FACEBOOK シェア
  • Twitter ツイート
  • はてなブックマーク ブックマーク
  • Google+ 共有
  • あとで読む

顧客の興味を喚起する店頭・展示ツールを実写印刷で

店頭POP

お客様の購買意欲を後押しする役割を担う販促POP。目的やターゲットを明確にすることはもちろんですが、実写印刷によって画像があたかも実物のように見えるリアル感のあるPOPによって、商品の魅力をストレートに伝えることが可能となります。

展示ツール

展示ブースを装飾する大型パネルを実写印刷で行うことによって、見る者に圧倒的なリアル感と迫力を与え、思わず立ち止まらせることができ集客力アップに貢献します。

N.jp 編集部
販促ツールラボ編集部では、レンチキュラー印刷(3D印刷)や実写印刷、バリアブル印刷をはじめ、企業と企業、企業と消費者をつなぐ販促ツール提案やプロモーション施策、マーケティング情報などをお届けしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

レンチキュラー印刷(3D印刷)の種類 「立体の効果」「動きの効果」

対応エリアは?

最小ロットは?

見積もり・提案が欲しい

納期が知りたい

日本全国対応可能。
ダイレクトマーケティングや販促ツール、ノベルティグッズなど、豊富な実績・事例をもつN.JPにお気軽にご相談ください。

ページTOPへ戻る
電話で問い合わせる メールで問い合わせる