建築サンプルやカタログに最適。実写印刷の活用提案vol.1

建築サンプルや商品カタログなどは、実物が持つ素材感や風合いをリアルに伝える表現力が重要です。実写印刷を用いれば、素材感を際立たせ、被写体の表面にある凹凸や質感をリアルに再現し、実物に近い質感を印刷表現することができます。
  • FACEBOOK シェア
  • Twitter ツイート
  • はてなブックマーク ブックマーク
  • Google+ 共有
  • あとで読む

外壁や壁紙の素材感もリアルに再現する実写印刷

独自の高解像スキャンによる素材感・立体感

外壁材や壁紙のサンプルにおいては、何よりも質感や色調をリアルに表現しなければなりません。通常のスキャナとは異なる機材で撮影し、独自の画像補正を行うことにより、素材が持つ細やかな陰影まで再現可能。実物そのものに近い素材感や立体感を表現できます。

壁材のカタログや見本帳に最適

例えば注文住宅のお打ち合わせの場合、屋根、外壁、床、カーテンなど、お客様にご確認いただくアイテムは膨大な数になります。とてもすべて実物のサンプルを持参するわけにはいきません。そこで活躍するのが実写印刷です。カタログからでも実物に近い形でイメージしていただけるので、多くのサンプルを確認していただけるメリットがあります。類稀なるリアルな表現力の実写印刷を用いれば、お客さまに実物に近い質感を伝えることができ、ベストの商品選択に役立てていただくことができます。

N.jp 編集部
販促ツールラボ編集部では、レンチキュラー印刷(3D印刷)や実写印刷、バリアブル印刷をはじめ、企業と企業、企業と消費者をつなぐ販促ツール提案やプロモーション施策、マーケティング情報などをお届けしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

レンチキュラー印刷(3D印刷)の種類 「立体の効果」「動きの効果」

対応エリアは?

最小ロットは?

見積もり・提案が欲しい

納期が知りたい

日本全国対応可能。
ダイレクトマーケティングや販促ツール、ノベルティグッズなど、豊富な実績・事例をもつN.JPにお気軽にご相談ください。

ページTOPへ戻る
電話で問い合わせる メールで問い合わせる