紙面上で素材感、凹凸感、立体感を実現する実写印刷の用途・活用方法

通常のスキャナとは異なる高性能な機材で被写体を撮影して当社独自の画像補正を行うことで、被写体の素材感を引き立たせ、被写体の表面にある凹凸や質感をリアルに再現する技術です。これにより、印刷された画像があたかも実物のように見えるという、画期的な印刷が可能になりました。
  • FACEBOOK シェア
  • Twitter ツイート
  • はてなブックマーク ブックマーク
  • Google+ 共有
  • あとで読む

実写印刷で精細な陰影によるリアルな表現が可能

再現性の高い画像データを使って紙面上で立体感を表現

実写印刷では、通常のスキャナとは異なる高性能な機材で貼り絵などの被写体を撮影し、当社独自の画像補正を行っています。撮影時に写し出される細やかな陰影を忠実に印刷できるため、被写体の凹凸をリアルに再現したポスターを制作することができます。

部品の立体感、油彩のタッチも表現

素材感を活かし、触れたくなる紙面を再現する実写印刷

実写印刷は、まるで実物のようにリアルな再現ができることが特長。人の目を引きつけるツールや顧客が商品を選ぶ際に役立つ建築材料、生地のサンプルなど、企画内容についてもトータルにサポートいたします。

POPやパッケージ、ポスターなどにリアルな質感を再現する実写印刷

実物に近い質感を印刷表現できるので、コンパクトに軽量化され、運搬やコスト面においても効果的にご使用いただけます。

実写印刷なら繊細な貼り絵を使ったリアルなポスターも制作できます
N.jp 編集部
販促ツールラボ編集部では、レンチキュラー印刷(3D印刷)や実写印刷、バリアブル印刷をはじめ、企業と企業、企業と消費者をつなぐ販促ツール提案やプロモーション施策、マーケティング情報などをお届けしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

レンチキュラー印刷(3D印刷)の種類 「立体の効果」「動きの効果」

対応エリアは?

最小ロットは?

見積もり・提案が欲しい

納期が知りたい

日本全国対応可能。
ダイレクトマーケティングや販促ツール、ノベルティグッズなど、豊富な実績・事例をもつN.JPにお気軽にご相談ください。

ページTOPへ戻る
電話で問い合わせる メールで問い合わせる