キャラクターグッズやノベルティに、他社と差がつくアイテムは3D缶バッジ! レンチキュラー印刷(3D印刷)の活用提案

キャラクターをあしらったグッズを作るなら、レンチキュラー印刷(3D印刷)を使った3D缶バッジがおすすめです。キャラクターが「動いて見える」「立体感をもって浮かび上がってくる」缶バッジはお客様に強烈なインパクトを与えます。バッジならいつも身に着けてもらえて多くの人の目に触れるので、PR効果も倍増!
  • FACEBOOK シェア
  • Twitter ツイート
  • はてなブックマーク ブックマーク
  • Google+ 共有
  • あとで読む

インパクト絶大! 思わず人に見せたくなる缶バッジ

二度見するほど精巧な3D効果

缶バッジといえば平面的なデザインが一般的ですが、3D缶バッジは違います。例えば、背景の深い奥行き感の中からキャラクターが浮き上がって見える表現が可能です。アニメやマスコットのキャラクターが精巧な3D効果で立体的に見えるさまは新鮮な驚きをもたらし、一般的な缶バッジと比べたときのインパクトの差は歴然。手に取ったお客様はじっくりと眺めずにはいられないでしょう。

レンチキュラー印刷の効果の種類についてはコチラ

株式会社アリアナ・ネットワーク様からの受注

身に着けてもらえ、話題になること間違いなし

バッジのいいところは、バッグなどの持ち物に「着けて外出する」ものだということ。キャラクターのバッジを着けたお客様が街を歩けば、キャラクターがたくさんの人の目に触れることになり、広告効果もさらにアップ。行き交う人の目を引く3D缶バッジならお客様もみんなに見せたくなり、積極的に身に着けてもらえるに違いありません。
また、人は心を動かされたものについて人に話したくなるもの。3D缶バッジを手にしたお客様は、その感動を周りの人に話してくれるでしょう。缶バッジからキャラクターに話題が広がれば、より多くの人にキャラクターを知ってもらえるきっかけになります。

曲面に使えるレンチキュラー印刷(3D印刷)ならさまざまなアイテムに活用できる

N.jpでは、繊細な動きや奥行きも表現できる薄型のレンチキュラーレンズを使用しているので、缶バッジのような曲面があるアイテムが制作できるのです。缶バッジのほかにもさまざまなグッズの制作が可能です。

詳細はお気軽にお問い合わせください

N.jp 編集部
販促ツールラボ編集部では、レンチキュラー印刷(3D印刷)や実写印刷、バリアブル印刷をはじめ、企業と企業、企業と消費者をつなぐ販促ツール提案やプロモーション施策、マーケティング情報などをお届けしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

レンチキュラー印刷(3D印刷)の種類 「立体の効果」「動きの効果」

対応エリアは?

最小ロットは?

見積もり・提案が欲しい

納期が知りたい

日本全国対応可能。
ダイレクトマーケティングや販促ツール、ノベルティグッズなど、豊富な実績・事例をもつN.JPにお気軽にご相談ください。

ページTOPへ戻る
電話で問い合わせる フォームで問い合わせる