レンチキュラー印刷(3D印刷)

驚きの視覚効果をもつ印象的なツールとして、メモ帳、うちわ、シール、POP、各種パッケージ、文房具など、企業の販促ノベルティや目を引く店頭POPなど多彩な用途に展開・活用できます。映画やアニメのようになめらかに動く「モーション」、絵の大きさが徐々に変わる「ズーム」、複数の絵を重ねて立体的に見せる「レイヤーデプス」、自然な立体感を表現する「フルデプス」などの効果があり、複数の効果を組み合わせた表現も可能です。

レンチキュラー印刷の用途

例えば子供達が大好きな人気キャラクターが、平面アイテムの中で立体的に見えたり、動いたり。そんな楽しく個性的なレンチキュラー印刷なら、「販売グッズ」としても「広告媒体」としても他と差別化したツールとしてアピールすることができるでしょう。

レンチキュラー印刷の用途

主な導入例

  • ・キャラクターグッズ
  • ・トレーディングカード
  • ・映画館グッズ(邦画/洋画)
  • ・製薬会社グッズ
  • ・アイドルグッズ
  • ・アニメグッズ
  • ・CD
  • ・DVD
  • ・Blu-ray Diskジャケット

販売グッズ

・ポストカード

・ポスター

・マウスパッド

・トレーディングカード

・ノート

・下敷き

・クリアファイル

・うちわ

・定規

販促・広報用ツール

・カタログ(表紙・裏表紙)

・POP/店頭ディスプレイ

・ポスター

・ステッカー

・携帯クリーナー

・しおり

・キーホルダー

パッケージ

・CD

・DVD

・Blu-ray Disk

・商品

・ギフト等のパッケージ(ゲーム/プラモデル/化粧品)

組み込みパーツ

・携帯電話モックの画面

・システム手帳の間仕切り

・コースター

・マグネット

・ペンケース

色々な製品にできるからアイデアがひろがるね!

展開事例

  • メモ帳
  • うちわ
  • スイングポップ
  • ネームカード
  • しおり
  • トレーディングカード・シール
  • リングノート
  • 各種ジャケット
  • 定規
  • クリアファイル
  • マグネットクリップ
  • POP

サンプル

  • A4下敷き

    A4下敷き

  • A2ポスター

    A2ポスター

レンチキュラー印刷(3D印刷)の
仕組み・テクノロジー

レンチキュラー印刷(3D印刷)の仕組み・テクノロジー

N.JPのレンチキュラー印刷(3D印刷)「REAL 3D」。ここではその仕組みとテクノロジーを紹介します。

レンチキュラー印刷(3D印刷)の種類

レンチキュラー印刷(3D印刷)の種類

レンチキュラー印刷(3D印刷)は、「立体の効果」と「動きの効果」の大きく2つに分けられます。

レンチキュラー印刷(3D印刷)の制作の流れ

レンチキュラー印刷(3D印刷)の制作の流れ

N.JPのレンチキュラー印刷(3D印刷) の制作工程をご紹介します。販促活動において効果的なツールイメージをカタチにするご提案、短納期にも対応した納品体制を整えています。

レンチキュラー印刷(3D印刷)の最新の活用事例

レンチキュラー印刷(3D印刷)に関連する最新記事

販促ノベルティに関連する最新記事

対応エリアは?

最小ロットは?

見積もり・提案が欲しい

納期が知りたい

日本全国対応可能。
ダイレクトマーケティングや販促ツール、ノベルティグッズなど、豊富な実績・事例をもつN.JPにお気軽にご相談ください。

ページTOPへ戻る
電話で問い合わせる メールで問い合わせる