レンチキュラー印刷(3D印刷)の種類

レンチキュラー印刷(3D印刷)は、奥行きを感じたり飛び出しているように見える「立体の効果」と、絵柄が切り替わったり動いているように見える「動きの効果」の2種類に分かれます。
ここでは、基本的なバリエーションをご紹介します。

立体の効果

レイヤーデプス

レイヤーデプス

平面の絵柄を重ねることで、突出感や奥行き感を持たせ遠近感・立体感を豊かに表現できます。

フルデプス

フルデプス

撮影からの制作により、実物のように立体感のあるリアルな表現を生み出します。

フリップレイヤーデプス

フリップレイヤーデプス

自然な奥行き感・立体感を持たせながら、絵柄を切り替えることができます。

立体の効果におすすめな製品

メモ帳

メモ帳

ダイナミックに飛び出してくるような「立体の効果」には「メモ帳」がおすすめ。表紙のリアルな立体空間にくぎづけ間違いなしです。

動きの効果

モーション

モーション

動画・アニメーションなどの連続する動きを躍動感を持って、なめらかに表現します。

フリップ

フリップ

複数種類の絵柄をシャープに切り替えて、紙芝居のような表現ができます。

ズーム

ズーム

同一の絵柄をスムーズに拡大・縮小させたり、 ワンポイントへのクローズアップさせるなど、徐々に大きさを変える動きを見せられます。

モーフィング

モーフィング

物体が変形しながら、全く別の絵に切り替わっていく動きをスムーズに表現することができます。

動きの効果におすすめな製品

うちわ

うちわ

傾けると絵が変わる「動きの効果」には「うちわ」がおすすめ!パタパタとあおぐたびに、描かれている面が変化していく様子が楽しめます。

レンチキュラー印刷(3D印刷)の
仕組み・テクノロジー

レンチキュラー印刷(3D印刷)の仕組み・テクノロジー

N.JPのレンチキュラー印刷(3D印刷)「REAL 3D」。ここではその仕組みとテクノロジーを紹介します。

レンチキュラー印刷(3D印刷)の
制作の流れ

レンチキュラー印刷(3D印刷)の制作の流れ

N.JPのレンチキュラー印刷(3D印刷) の制作工程をご紹介します。販促活動において効果的なツールイメージをカタチにするご提案、短納期にも対応した納品体制を整えています。

レンチキュラー印刷(3D印刷)の最新の活用事例

レンチキュラー印刷(3D印刷)に関連する最新記事

販促ノベルティに関連する最新記事

対応エリアは?

最小ロットは?

見積もり・提案が欲しい

納期が知りたい

日本全国対応可能。
ダイレクトマーケティングや販促ツール、ノベルティグッズなど、豊富な実績・事例をもつN.JPにお気軽にご相談ください。

ページTOPへ戻る
電話で問い合わせる メールで問い合わせる